多汗症、対人恐怖症の人が誰かに会う時にとる行動

 対人関係が苦手という方、その努力を認めてあげてください。緊張していることを気づかせないようにしてあげてください。いろいろ準備してあなたと会っているはずです。

 MP900430603

 

■異様に早くついておく

 たいていの人は苦手であることを自覚しています。緊張状態をなるべく継続させないためにたいていの場合、待ち合わせ場所に早めについておきます。はじめての場所ならばなおさら。早めについて周りをチェック。知ってる場所にするためにフラフラ環境に自分を慣らしているかもしれません。

心の準備のために場所の下調べをする

 待ち合わせ場所についてからもそうですが、事前に、もしかすると数日前から準備をしています。グーグルのストリートビューで町をみているかもしれません。あなたの会社のことを調べているかもしれません。周囲の人に会うことを話して自分をならしているかもしれません。

早くつくので喫茶店で会う前にお腹じゃぶじゃぶ、会う時は二度目の喫茶店になる

 心の準備のために早めについている。時間をもてあます。喫茶店に入る。体温を上げないためにアイスコーヒーを飲む。会う時間になるとトイレが近くなる。そして会ってから「お茶でもします?」という話になると第二ラウンド。おなかじゃぶじゃぶです。

ガムをメジャーリーガーのように噛む。そしてお腹いっぱいになってしまったうえで会食

 大リーグの投手。ガムをかんでいるのは心拍数を下げるという情報がインプットされている。よし、自分もガムをかんで落ち着こうと思っているかもしれません。結果ガムでおなかがいっぱいになってしまって、これから食事なのに食傷気味に。

深呼吸する。そして空気がお腹に入ってゲップなりシャックリしてしまう

 深呼吸が増える。ときに声も漏れる。「ふー」、「はー」。もちろん会う前に一呼吸置くときです。緊張度合が上がると空気を食べてしまい、結果しゃっくりになってしまったりする。

このように努力をしている人も世の中にはいるのです。あたたくよろしくおねがいします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中