物を減らして脳もすっきりしよう 【片付けの副次的なメリット】

 

以前の記事で自由が増えすぎると人間はストレスが溜まってしまうという記事を書きました。選択肢が増えると選択にパワーを使ってしまって無駄なエネルギーが多くなるというものです。頭の中もそうですが、ものを減らすことで脳もすっきりさせましょう。

MP900402596

 

選択するという行為の代償

選択するということで消費するエネルギーは増加する。選択をす るということは「頭で毎回考える」という作業が発生する。脳のCPUには個体差はあるにせよ選択をするたびにエネルギーを消費してしまう。あまりに選択肢が多いとPCのファンが熱を冷ますために回り始めてしまうかのようにエネルギーが消費される。 感情の動きが常に発動する。結果として疲れてしまう。選択をする際には頭だけではなく「心にある感情も作動してしまう」。

このように選択をするということは頭でも心でも常に我々にシミ ュレーションを強いることになる。軍隊においても戦場の兵士がそれぞれに判断をしていては統率された行動は取れないし、極力選択肢を減らすことで任務に集中することができる。多少窮屈な方がストレスが減ることがご紹介した2つの本では豊富な事例とともに紹 介されている。

 

モノを減らして脳をすっきりさせよう

部屋のものをとにかく減らす。PCの中のフォルダやファイルをとにかく減らす。シンプルにする。どんどんシンプルに。新しい商品を買うときも選択肢を増やしすぎない。家電、文具、家、様々な商品を買うときに選択肢を減らす。せいぜい候補は3つに抑える。実に多くの選択肢の中で我々は生活している。既にもっているものでもそうだ。ペンをたくさん持っている。複数のガジェットをもっている。食材もたくさんある。とにかく無駄が多い。だから悩むし選択肢が増えてストレスが増加する。

ミニマルに。一つの機能に一つのもの

私の原則として一つの機能のものは一つしか部屋に置かない。会社でもそうだ。ポストイットの種類も一つ。クリップも一つ、ペンも同じものを揃えて統一する。PCも一つだしファイルも一つ、キャビネットも一つ。こうして迷いを全て断っている。自宅も机は一つ、ソファも一つ、なんでも一つしか持たない。選択する必要性を減らして脳でいちいち考えないようにしている。

身の回り、頭の中、ドンドンすっきりさせて新しいことのためにキャパを空けておこう。

それではね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中