トラベラーズノートに行き着いた理由 【毎年手帳を変えてきましたが】

毎年のように手帳を変えてきがトラベラーズノートに行き着いた。【デジタルからアナログ回帰】

■ 手帳を変える理由。それは自己投資と気分転換に尽きる

手帳。それは人生のパートナー。常に持ち歩くし徐々に劣化していく。ドンドン書き込むことで自分になじんでいく。今まであったこと、これから起きること、全て書き込んである。ToDoListなどのタスクもガリガリ書き込んでいく。そして自分史になる。そのように思って手帳を使い続けている。ただし、毎年のように買い換えてしまっている。理由はいくつかあるが、一つ目は自己投資。自分が成長したいと思ったときにすぐに変えたいという気持ちにさせるてくれるものが手帳である。「さあこれから人生を豊かにしよう」「仕事をより頑張るために手帳も刷新しよう」という気持ちのときに手帳を変えたくなる。これは第二の理由である気分転換にもつながる。現状不満足である以上、常に自分を成長させたい、変わりたいという気持ちがわいてくる。そのたびに手帳を刷新して新しい気持ちになれると感じる。だから文具屋さんはワンダーランド。ペン、手帳、ノートなど様々な文具があり、ワクワクする。

■ やっぱりアナログに回帰した理由

このように手帳を定期的に変えてきた私。一時期「手ぶら通勤」を実施していたころはデジタルのみにしたこともある。極力荷物を減らしたいという気持ちでいたので、荷デジ化をしていた。ただしデジタルのみには弱点もある。電気が常に必要だということ、すぐに出して確認するにはタイムラグがあり紙媒体に比べるとどうしてもアクセススピードが遅い。出張が多い私は特に海外にいくときに苦労した。常に電波をキャッチしていたわけではないし、「今確認します」といってスマホを取り出して確認することに抵抗があることも事実だ。ビジネスの中ではスマホは便利だが誰か相手がいる前でいじっているのにはどうも抵抗を感じるのは私が年だからかもしれない。そしてデジタルにすると紙とダブルで管理することになるため、私の場合は負荷が上がってしまった。Googleカレンダーを印刷して持ち歩く、手帳も持ってデジタルと併記すると転記ミスをする可能性があるなど痛い経験をしたこともあり、私の場合においてはデジタル一蓮托生、アナログとデジタルの併用は不向きであったと考える。もちろん、人によってはデジタルだけで良い人もいるはずで、これは仕事の内容や活動内容によってぴったりくる人もいるので特に否定はしない。私の仕事の関係上、やはりアナログ手帳が一番という結論になったということだけである。

トラベラーズノートを仕事で使う 【ビジネスのお供にする使い方】 | なりにプラス
仕事での使い方はこちらをご覧ください

■ アナログ手帳の良さはアクセス速度、ごちゃ混ぜ感、使い古す感の3つだと思う。

私が思うアナログ手帳の良さは第一にアクセス速度。ぱっと開いて予定が見渡せることである。手帳の取り方にもよるが、自分の空いている時間がすぐに分かるし、私の場合は手帳の右ページをToDoリストを記載するのに使っている。タスクが発生した日付のところに書くこともあるし、納期の日にちに書くこともある。一時期使っていた消すことができるフリクションペンを辞めた。あえてきれいにすることを忘れてタスクが終わればグチャグチャっと二重線を引いて終わらせる。タスク終了と共に忘却できるし、二重線を引くことで気分もスッキリする。このようにスケジュールとタスク管理を一つにまとめることで予定とやることの視認性が良い。デジタルの場合は様々なアプリで別管理もできるし、一つのアプリ内でスケジュールとタスク管理ができるものもあるので試したこともある。それでもアクセス速度と電波の状況に影響されないアナログ手帳はパートナーとして最適だと最近考えている。

第二の良さはごちゃ混ぜ感。一時期仕事とプライベートの予定を分けて管理していた。例えばアナログは仕事、デジタルはプライベートといった感じに。しかし最近思うのは、仕事している時間も自分の時間だということだ。だったら分けることなく、思い切って一元管理することにした。確かに週末や仕事の無いときに仕事の予定がビッチリ書いてある手帳を広げると「仕事を忘れられない」という抵抗感があった。それでもその気持ちを改めて「自分の時間を使っているのだから」と思うようにしたら自然と仕事のやる気が上がった。人生一度きりだし、自分の時間を大切に使おうという意識が無意識に働いたためだと思う。最低限仕事とプライベートと分ける場合、「色分けするか、記号わけする」ことで対応している。私の場合仕事の内容は先頭に「□」マークを書いて、プライベートは「■」として分けている。ペンはいくつも持たないので、黒のボールペン一つでこのように分けている。ただし手帳の中では一括管理をしており、ごちゃごちゃ予定が混在している。色々と予定やタスクが書いてあることで混沌としているかもしれないが、それでも自分の時間を最大限使うためにこのゴチャゴチャ感は気分がいい。

第三の良さは使い古す感。あまり記載する必要は無いが、手帳を使い古していくということに魅力を感じる。自分の歴史としてあとに残る。デジタルの場合はデータとしては残るが「そのときに筆圧、文字の綺麗さ汚さ、コーヒーの跡、涙のあと」などその時々のアナログ情報の痕跡が残ることはアナログにしかないと思う。いちいち感傷に浸っている時間はないという反論はあるかもしれないが、私はいつ死んでもおかしくないのでこういった生きてきた痕跡を残すという行為に愛着を感じる。そして年に一度私は別のA4ノートにその一年あった主な出来事を転記している。そうすると年単位の自分史が出来上がる。そしたらアナログ手帳は捨ててもいいかもしれないし大切にとっておくことも出来る。このようにドンドン手帳は使い古して自分になじんでいくものと考えるようになったためやはりアナログでいきたいと決断した。

■ これまでの手帳変遷(デジタルからリフィルタイプ、そしてアナログ買い足しタイプへ)

これまでいくつも手帳を試してきた。デジタルに統一したこともあるし、リフィルタイプも使っていたことがある。デジタルを辞めた理由については既に記載をしたので割愛するが、リフィルをやめた理由は自分にはなじまなかったということだけだ。メリットはページを差しかえられるし、高級な外見を買って中身だけ更新できるという点がある。私は結構ザツなところがあり、ページの穴の部分が破けてしまったり、紙が基本的にすごく薄いので筆圧が強い、手汗をかきやすい私には合わなかった。最終的に今回たどり着いたトラベラーズノートは私の弱さを受け止めてくれるタイプの手帳だと思っている。リフィル形式といえばリフィル形式なのだが、ノートがそれぞれ独立していて紙質も選べるし、手帳とさらにはノートも一つで済んでしまうという点で相性が良かった。ご参考までにこれまでの私の手帳の変遷を書くと以下の通りである。

Ashford(リフィルタイプ)

デジタル(Google統一)

FILOFAX(リフィル)

HandyPick (ノンリフィル)

スマホ (App: Refills)

ほぼ日手帳(ノンリフィル)

MOLESKINE (ノンリフィル)

Travelers Note (トラベラーズノート)

■ トラベラーズノートの良さ

行き着けの「丸善」でその存在は常に気になっていた。出張に行くため、パスポートも挟むことができる縦長の手帳。そしてA4の紙も折れば短編がぴったりおさまるので挟めるという点も魅力。別売りにはなるがポケットもつけられるでペンも収納できる。この手帳一つで全部を詰め込めるという点で魅力に感じた。スケジュールについては半年で一冊というスパンで買い足す必要がある。それでも穴の開いているリフィルと異なり、独立した一冊でありまとめ買いをしてストックしておくことができる。日付や月は自分で記入するタイプなので、いつからでもスタートできる点も魅力だ。本体のサイズは幅13×奥1×高21.8cm。ノートリフィルのサイズは幅11×奥0.4×高21cm。ズボンのポケットには入らない。スーツの上着はギリギリといったサイズ感。かばんは必須になるということで手ぶら好きの方には不向き。それでもかばんに一つ手帳を入れておいて取り出すたびにとても心地よい感じがあり、荷物嫌いな私も持ち歩くことに今のところ不自由はしていない。そして革も心地よい。傷がいくつもついているむき出しの革といった感じだが、一緒に旅するパートナー的なにおいがする。使い方は色々だが、ビジネス目的でトラベラーズノートはありだと思う。徐々に自分になじんでいく感じがたまらなく好きだ。

通勤バックの中身を整理にする 【トラベラーズノート&バッグインバッグの最強コンビ】男子もシンプルに。 | なりにプラス
カバンにはトラベラーズノートとこれだけ

■ 良さを実感させてくれたブロガーの方々

買ったあとに参考にさせていただいたブログが多いです。ただ、新しい手帳を買いたいと思った方は是非、購入前に参考にしていただきたい。トラベラーズノートを製造販売しているミドリの公式HPも良いですが、実際にブログでその良さを共有していただいている方からインスパイヤーされました。この手帳、何かその良さを共有したいという気持ちにさせられる感じが不思議です。長年トラベラーズノートを使っている方々から見れば私は新入社員、新入生。これからドンドン使い振るいして自分だけの手帳にしていきたいと思う今日この頃です。

SLOWBIZ

http://schneuer.main.jp/slowbiz/?p=459

schneuer様によるトラベラーズノート、モレスキンどちらにするかという記事。大変参考になりました。

イロトリドリ

http://iro-toridori.net/20130625/travelers/

こっこ様による記事。私はキャラメルカラーではないのですが素敵です。

http://aidama.info/travelers004/

藍玉@小林智子様の記事。海外に持ち出したい気持ち、私も体感できました。

船橋ではたらくフューチャーリンクネットワークのスタッフブログ

http://blog.futurelink.co.jp/archives/4613.html

FLN様のビジネスでの使用に関する記事。私も仕事でガシガシ使っていこうと思いました。

九州DANDY

http://dandy103.wordpress.com/2013/07/18/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AA%E6%97%85%E3%81%99%E3%82%8B%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%80%8C%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8E/

九州DANDY様による紹介。パスポートサイズにするかレギュラーにするか最後まで迷ってしまいました。

tadachi-net 出張所

http://tadachi.txt-nifty.com/blog/2012/05/2012-0af4.html

リフィルの仕方など大変参考にさせていただいた記事。じっくり色々な記事を読ませていただきました。

青い惑星*旅手帖

http://blue-planet13.jugem.jp/?eid=1

凛子様による紹介記事。すごくおしゃれで惹かれてしまいました。初心者として徐々にこのレベルまでいければと思います。

qmori

http://qmori.com/archives/1175

Kumi Morita様による紹介記事。私は使い始めたばかりですが、使い終わったリフィルのストックの仕方、真似させていただきます。

広告

トラベラーズノートに行き着いた理由 【毎年手帳を変えてきましたが】」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: トラベラーズノートを仕事で使う 【ビジネスのお供にする使い方】 | なりにプラス

  2. ピンバック: 通勤バックの中身を整理にする 【トラベラーズノート&バッグインバッグの最強コンビ】男子もシンプルに。 | なりにプラス

  3. ピンバック: トラベラーズノートのスケジュールリフィル「019」をまとめ買いしました | なりにプラス

  4. ピンバック: モレスキンは家で使う 【アナログとデジタルをつなぐ使い方】 | なりにプラス

  5. ピンバック: トラベラーズノートのスケジュールリフィル「019」をまとめ買いしました | なりにプラス

  6. ピンバック: 通勤バックの中身を整理する 【トラベラーズノート&バッグインバッグの最強コンビ】男子もシンプルに。 | なりにプラス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中