出張の荷物を減らす【ただし現地調達に頼らず洗濯もしない】

Businessman Carrying Briefcase and Newspaper

国内外の出張が多いムサシ乃ケイジです。アジア圏が多くだいたい一週間、長くて二週間の出張が多いです。さてっ、毎月のように海外へいく身だとやはり荷物は減らすクセがつきます。とにかく重いし、現地でお土産を渡すとすると訪問する会社の数だけお土産を買うことになる。そんな私が荷物を最小限にする方法をご紹介します。よく出張される方は当たり前かもしれません。初めて出張される方の参考になれば幸いです。

 

■ 私の場合、現地調達、洗濯をしない場合に限ります。

 

前もってお伝えしておくと私は現地調達に頼らないようにしています。そして洗濯もしないし、荷物は全部持ち帰ることを原則としています。

確かに現地調達すれば荷物は減らせます。ただし必ずあるとは限らないし、お金が余計にかかることが多いからです。現地調達のメリットはいくつもあります。例えばスーツ、ワイシャツのクリーニング。ホテルで有料でやってくれますので枚数減らしてもっていくことも可能。ただし一箇所にずっと滞在するわけではない私の場合不可能だし、余計な出費は避けたいものです。そしてシャンプーやアメニティのホテル調達。私は個人的に好んでいるものがあるのでホテルのものは使いません。気になさらない方は現地調達で大丈夫です。

そして洗濯。確かに下着も洗えば枚数を減らせますが手間なのでやりません。だいたい会食で夜遅くに部屋に帰ってきて酔って疲れている中洗濯はしたくありませんので。ワイシャツもアイロンがあれば洗えなくはないですが同じく手間です。そして帰りの荷物を軽くするためにボロ、お古の服を着て捨ててくるという方も多いですが、私は抵抗があるのでやりません。自分のゴミを人様の国で捨てるのに少し抵抗感があるので。

以上のように私の場合は、現地調達しない、洗濯しない、物を捨てないという前提にたっているものなのでご容赦下さい。荷物を単に減らしてすごいだろ!と自慢をするものではないので、できる限り最小限のもので普通に無理なく過ごすためのことしかしませんので、当たり前すぎふことも多いかもしれませんが、不慣れな方に少しでも参考になればと。

 

■ 必須のもの 【衣服】

  • シャツ
  • 肌着
  • 寝間着
  • 靴下
  • Tシャツ

 

■ 必須のもの 【仕事道具】

  • パソコン
  • 携帯
  • 手帳
  • パスポート
  • チケット
  • 仕事書類
  • お土産
  • 変圧器
  • アダプタ類

 

■ 必須のもの 【日用品】

  • ビタミン剤
  • 髭剃り
  • シャンプー
  • ボディソープ
  • ワックス
  • 虫除け
  • 歯ブラシ

 

■ あってもなくてもいいもの

  • iPad
  • お菓子
  • 軽食
  • インスタント食品

 

事前準備で減らせるもの

書類などの紙。事前に電子版で配布すればそれで済みますし、見せるように一組だけもっていてそれを見せながら会議やプレゼンを行い、終わったらCDーRで渡すといったことでも荷物は減らせます。そのほうが先方でも情報の共有がしやすいでしょうし、メールで改めて送る必要もないので、一つ仕事の行程を削減することができます。

 

電子化できるもの

空港で買う雑誌や書籍も事前に電子版で購入すればiPadに入れられます。他にも映画や漫画も電子化できます。こういった娯楽系のものは出張中は必須です。なぜならば簡単なリフレッシュツールとして大活躍するためです。海外はなにが起きるかわかりません。道が混んでいることもあるし、飛行機が時間通りにくるわけではありません。また夜、会食をしたあとに眠りにつくと思いますが、入眠儀式として使うことを勧めます。なかなか頭が興奮して寝られなくても、しっている映画や漫画を読み返しながらストレッチでもすれば自然とリラックスして眠れます。ただでさえ慣れない環境でベッドも違うわけなので、こういった自分の慣れ親しんだものを気軽に持ち歩けるiPadは私には必須です。

 

必要なものをいかに小さくするか

あとはいかに小さくするかです。もっていくことが決まっているものでも小さくすることを考えます。たとえば単なるPCのアダプターであってもなるべく小さく巻くこと。例えばワイシャツや靴下、肌着もなるべく小さくすること。その積み重ねで荷物はかなり小さくなります。

 

袋を多用する

私は袋を多用します。一番使うのはジップロック。常にストックがあります。たいてい4−5つもっており、それぞれのジャンルごとにジップロックを使い分けています。もっともおおいのが電子部品、アメニティ、下着。これらをそれぞれ一つの袋に入れることで迷子を作らないし、使い終わったら小さくたためるという点も非常に助かっています。そして万が一、大雨に降られてもジップロックであれば大抵なかみは無事です。

 

着終わった服をどうするか  

 着終わった服は私はまるめて圧縮袋に入れるだけです。もっとも多用するのは押すだけで空気が抜けるタイプ。毎日袋に服を詰め込んで最後に圧縮して薄っぺらくする。ワイシャツもクリーニングに出すものだし、洗濯機に直行なはずなので基本的にぐちゃぐちゃでも良い。あとは日本からかえってきたら圧縮袋から洗濯機に直接ものを入れて完了。

 

ワイシャツのたたみ方  

参考にさせていただいたサイトを紹介します。
ワイシャツを簡単にたためる4つのステップ(動画あり) : ライフハッカー[日本版]
こちらの黒人のおばさんの方法で私はたたんでいます。二つ折りにするとさらに小さくできるので便利

シワを解消!出張時のワイシャツはたたんでコンパクトに収納する: 一人旅・出張で泊まりたいホテルレビュー
このかたのたたみ方に一度たたむ回数を増やしています

出張とYシャツ : Dormant holiday
現地についたら私も全く同じ方法でやっています。しわをとるのにこのやり方は欠かせません。

ワイシャツのたたみ方(158) : わんこの日記
こんなにきれいに私はたためません。不器用なものでうらやましい。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中