初MacにMacbookAir(mid2013)を買って一週間たった素人の感想

DSC_0018

発売になった6月からしばらたくたったある日、私は初マックを購入しました。とうとう買ってしまったというのが最初の気持ちだ。私生活に心地よい快楽とも呼べる変化が起きたと感じる。初めてのMacにエアを買うことにためらいがあった。だから過去の記事で「初Macにエアを買わない理由」というものを書いて自分をなだめたりした。しかしこの間、家についたMacbookAirを買って「やっぱり良かった」と心から思えたので初心者の私が買う前に感じたことや不安について払拭された点を記載する。アップルストアで購入した経緯や中国からの納期についてはこの記事に記載したので割愛する「とうとうMacbookAirを買った-納期と届くまで-」

Macの敷居が低くなっているのでは

Macを昔から使いこなす層 

Macは独特のコミュニティがある。昔からMacを使用している方はなおさらだ。Macを購入してからPodcastの「ワンボタンの声」という週三回放送される番組を欠かさず聴くようになった。とても軽快なトークと深いMac愛がたまらなく好きだ。Macの歴史は古いし、長らく使っている方々の愛も深いことを感じる。全く初めての私にとってはなにやら「ディープな世界」というざっくりとした印象しかもっていなかった。プログラミングやアーティストが好んで使っているというかなり曖昧なイメージだ。こういったプロの方々はかっこいいからという理由ではなく、「一番使いやすい」などツールとしてのマックを愛用しているように感じられる。だからといってWinでは出来ないわけでは決してないのでWin批判ではないことはご理解いただきたい。単なるイメージとしてなにやらMacは高尚に見えてしまっているというのが最初の印象だった。よく「アップル信者」として揶揄されるのはこういった方々だと思うが私はそういった揶揄は不適切だと思う。確かに愛は存在する。仕事のパートナー、自分の表現を最もスムーズにしてくれる道具。それだけだと思う。

 比較的新しいMac層

一方で最近「スタバでドヤ顔」といった言葉が良く言われるようになった。プロの方々が自己表現をするツールという点とは真逆の印象を受けることが増えた。個人的な感覚ではipod当たりからMacではなくAppleというブランドに対する新しい印象が生まれてきた感がある。そういえば思い返すとMDから音楽再生プレイヤーが変わったころ、Sonyの人とipodの人に分かれ始めていた。私は当時Sonyを使っていたことを思い出す。10年は経っていない気がするが、ipodが一般人にも認知され、iphoneが出てきて爆発的なヒットとなり、iPadも出てきたという流れの中でMacというよりかはApple&スティーブジョブズというところがフィーチャーされてブランドが確立されていった気がしている。財務的には死に体になりつつあったAppleは製造を中国に委託することでファブレスになった。かといってモノ作りににはこだわり徹底的に開発をする。そういった流れの中で私もiphoneを購入したあたりからApple製品への愛が育っていったのかもしれない。

以上のように、ipod、iPhoneやiPadが出る前からMacを使っている人からすれば「メジャーになるすぎて寂しい感じ」はあると思うが、一方の流れとしてApple製品がメジャーになることで初心者のMacへの心理的なハードルも下がっていると言えるのではなかろうか。

DSC_0026

ipodかiPhoneからMacへの興味が醸成される

これはApple社の戦略であることは間違いないが、様々なデバイスを投入することで家のデバイスのApple比率を上げていく流れをうまく考えていると思う。宗教ではないのだから製品を買うか買わないかは自分の意思で決めることだが、実にうまくAppleはブランドを構築しているし、電話やタブレットといったデバイスによってアップル製品を持つことを特別なことではないようにしてきている。初めてiphoneを買った時はそのインターフェースの完成度や、説明書がなくてもなんとなく使い方を覚えられる洗練された作りは私になんのハードルも与えなかった。知り合いの乳幼児もアプリを立ち上げて遊んでいる様を見るとその完成度が伺える。こういしてiPhoneやipodからApple製品を使い始めるということは不思議なことではなくなった。一方、Andoridスマホを会社で貸与されて使っているが洗練されてはいない。PCの延長線上にある気がしてしまう。普通に使うには問題ないし便利であるのは間違いないし、性能もiphoneに比べて良いかもしれない。それでも毎日携帯しているものとしては何となくではあるがiphoneの方が私は好きだ。

価格帯も手を出しやすい(ただし入り口の敷居のみ)

そして製品価格の設定も絶妙だ。最下位のモデルであれば非常に安くかえる。かつてMacのPCは高かったらしい。借金トッシュといわれたこともあるようだ。自分で生産するということを捨てて中国の組み立て屋に任せて固定費を軽くして研究開発費により多くの資源を投入できるように判断したことは日本の家電メーカーにはできなかったであろう選択だ。仕事の都合上日本のアップル本社に打合せにいったことがあるが、様々な部材メーカーから専門家を集めて納入会社を裸にしていく。多くの顧客を抱えているからできることだが一貫して自分たちがもっているビジョンを体言することに終始する。製造を捨てて尚且つモノヅクリにこだわることで廉価な価格帯で製品を投入できている。10万も出せばエアは買える。しかし私が感じているのは「いずれProがほしくなる」という思いだ。満足がいかなくなってまた上位モデルを買いたくなってしまう。

このように敷居が下がっていることが言える。ソフトやアプリの選択肢はWinの方が圧倒的に多い。それでも私のような流れでMacを購入するという方も多いと思う。私はプログラミングもデザインもしないライトユーザーなのでネットブックとしての使い道ではあるが特に不自由は感じない。逆に今までの生活スタイルが変わった気がしている。

文字通りすぐ開けてすぐ使える。脳の延長という感じ

SSDを搭載しているからかもしれないが本当に起動速度が速い。様々なレビューをされている専門家がブログを記載しているので細かいことは私にはかけないので申し訳ないが、感覚的には「アウトプットできるipad」のイメージでMacbookAirを使えている(使いこなしている方からはなんともったいないと思われるだろう)。エアは特別優れたスペックというわけではないらしいが、これまでWinのデスクトップだけを使ってきた私にとっては非常に新鮮だった。もちろん、アップルではないネットブックや日系のPCだって同じことができる性能をもっているので、なにもMacbookAirだけを持ち上げているわけではない点はご理解いただきたい。ボディもシンプルで薄くて持ちやすい。ソファでも机でもベッドでもどこでも気軽に使える。待ち時間を感じさせない感じは自分の脳の延長という印象を受ける。トラックパッドも感覚的に使える。稚拙な表現だがやりたいことをシンプルにすぐ取り掛かれるという印象を受けている。mid2013からバッテリーの持ち時間が良くなったということも私が購入するに至った一つの重要な理由だ。頻繁に重電したり、コードを指しっぱなしで作業する場所を特定される心配も無い。11インチは持ち歩きも苦痛ではないし、自分の考具といった形ですぐにアウトプットできるマシーンになってくれた。

特にSSDの容量の少なさは今のところ気にならない。

買うときに決めていたこと。それは母艦にしないということだ。iTunesの音楽は外付けのHDDに入れるようにして、趣味の写真データも60GBほどありこれもHDDに逃している。そしてテキスト系はEvenoteに保存する。MacbookAirに一切のこういったファイルを入れないことを徹底しているので128GBというサイズでも問題には今のところなっていない(それは買ったばかりだから当然ですね)。HDDも薄いものが出ているし、データを引っ張り出して根つめて作業するときあれば言いだけの話で、そういった作業はたいてい家で行う。普段は必要ないのでデータをクラウドや外付けハードディスクに逃すことで今のところは不便を感じていない。今後OSが変わることを考えてもRAMだけ8GBにしておいたことは正解かもしれないが、安くなったフラッシュとはいえ256GBにアップグレードすることをやめておいてよかったなという感じである。2-3年後に買い換えることを前提とすれば良い選択だったと思う。

こうして思考をアウトプットするツールを得たので、ブログの更新もがんばりたいとおもいます。まだまだソフトを入れていないのでこれから使いこなして自分の脳みそが延長されるような考える道具、ツールを超えた体の一部として使いこなしていきたいと思います。

乱文、長文、失礼いたしました。

広告

初MacにMacbookAir(mid2013)を買って一週間たった素人の感想」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: あれだけ買わないと言っていたMacbookAirを買った 【アップルストア発注から配送されるまで】 | なりにプラス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中