会話が通じない相手にイライラしてはいけない 【コミュニケーションの原理】

MP900433180

会話が通じない相手がいる。いらだちを感じ、「あいつとは話したくない」と会話を拒否する。そして自分にストレスがたまる。結局損しているのは自分だと感じる。何の特もないじゃないか。

 会社とは組織であり自分一人で仕事を行う場所ではない。一見関係のない部門のようでもどこかでつながって一つの会社を作っている。いかなる戦略も企画も自分ひとりですべてをやることはできない。製造業であれば生産・販売・技術という基本の3要素が基本となっており、それを管理する管理部門、機能に特化した財務や人事などの部門がある。一人で賄えない範囲の仕事をできる。それが組織の醍醐味であると私は感じています。しかし注意しなければならないのがコミュニケーションの問題です。

うまく伝えられないからまわりを動かせない、そして結果的には自分で抱え込む

 人にやさしい人、完璧主義の人は特に組織で動くことにストレスを感じます。人に指示するというのはストレスがたまるし、管理もしなければならないけど、上から目線にならないように気を付けるなど、人と働くことによって様々なことを考えなければならない。一方的に権力で抑え込む人は別としてわれわれは日々人と接して働く中で、頭をフル回転してコミュニケーションをとっていますがなかなかうまくいかないことが多いはずです。

そこで4つのコミュニケーションの原理を認識してみよう

 それではどうすれば会話が楽になるのでしょうか。人に期待をしすぎるとつらいということもありますが、傷つく前に人とコミュニケーションをとる際に4つのポイントを認識してから臨むことを私は心に決めています。
  1. 受け手の言葉を使わなければコミュニケーションは成立しない。

  2. 人間は知覚することを期待しているものだけ知覚する。

  3. コミュニケーションと情報は別物だが依存関係にある。

  4. コミュニケーションは常に受け手に何かを要求する。

1.受け手の言葉を使わなければコミュニケーションは成立しない

 相手の情報レベルを認識して会話をするとスムーズにコミュニケーションとれます。私は基本的に専門用語は使わないようにしています。販売会議で「この事業のKSFは、、」といってもおじさん達はわかってくれません。KSFはマーケティングを学んだことがある人であれば広く使われる言葉ですが大部分が知っている言葉ではありません。「Key Success Factor」(KFS、 Key factor of successとも言う)というだけでも伝わりにくいと思いますのでこの場合は「成功する要素」で良いはずです。つい勉強をしたり知識を増やしたりすると専門用語を活用したい気持ちになりますが、あくまでも相手の情報レベルを推測しながら話す方が良いと考えます。なお、この考えを逆手にとって、相手の情報レベルが自分よりも高い場合、専門知識を小出しにすることで、「見込みがあるな」と思わせることもできます。

2. 人間は知覚したいことだけを知覚する】

 人間は自分で「知覚したい」と思う情報だけを知覚する傾向にあります。「都合がいい」とも言いますが、「生きるため」には必要な人間の能力でもあります。相手が知覚したいと思わせるような内容を発信することでコミュニケーションが楽になるはずです。

3. コミュニケーションと情報は別ものだが依存関係にある】

 情報のキャッチボールがコミュニケーションといえます。情報がないとコミュニケーションは成り立ちません。またコミュニケーションは情報がないと成り立ちません。このように情報とコミュニケーションは依存関係にあります。ただし別物であるということができます。「情報=コミュニケーション」ではないのです。そこには人間それぞれのバイアスが働いて情報が加工されているということを認識する必要があります。情報を解釈することで人は意味付けを行います。自分だけでなく、相手も同じ情報に対して何らかの意味付けをしているということを考え、会話の本質がどこにあるのかな、と頭の隅で考えながら会話をすることを心がけています。

4. コミュニケーションは常に受け手に何かを要求する

コミュニケーションをとるということは相手に常に何かを要求しているということ。聞くことを要求するだけでなく、意見を述べること、アイディアを出すこと、相談に乗ること、時間を割くということなど。安易に人の時間を奪うことにつながらないよう、なるべく相手に得るものを、そして自分にも得るものを。

なるべく上記の4点を意識することで気持ちが楽になりますように。

力まずいきましょう。

それではお休みなさい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中