理想のノートはA5糸綴じ 【仕事用】

今回はどのメーカーが良いかという話ではなく、どの形が良いかという話です。色々試行錯誤した結果、使いきっていないノートが家にはたくさん。そんな私ですが、色々悩んだ結果をシェアさせていただきます。仕事用のノートの話に絞っています。
MP900403720

デジタルだけよりも書くことも必要

デジタル派は紙のノートはほとんど使わないという人も多い。私もかつてそうだった。ミニマリスト思考が強すぎてとにかくモノを持つのが嫌いだったため、PCとスマホで全てを済ませていた。しかし思考が変わりアナログ大好き人間になり、書く事の良さや楽しみを見出し、万年筆にもはまり、アウトプットにはやはり手書きだと思うようになった。
たしかに議事録をとるにせよ、メモをとるにせよ、PCに1発で書いたほうが手間が少ない。一覧性もあるしデジタルなので字が汚いことも悩む必要は一切ない。データは物理的なスペースを取らないのでデスクもすっきりする。それでも手書きを推す私としてはノートが必要だと思っている。書くという作業はPCで入力する作業とはまったく違う脳の働きをしている気がする。感覚的なことなので論理的に説明できないが、とにかく書くこと、受験や試験勉強でも書きまくってきたことを振り返りつつ、良いことだと感じる。ノートから書き写す手間は手間で時間は無駄かもしれないが、無駄ととらえず「消化する時間」と捉えるとどうだろう。一度消化してまたアウトプットするという作業は一見無駄だが、深く理解して解釈を加えるというプロセスはあえて時間をつかってみても良いのではないだろうか。
e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

母艦ノートは必要だよねという話

書くことの良さはあるにしてもノートって必要なの?って話もある。ポストイットや、手帳で充分という方も良い。タスクを終えたらメモ書きを捨てて終わり。デジタルのメールに転記するなり議事録をWordで書いてPDF化したら終わり。きっとそういうことのほうが多いはず。発想系のツールもPCは充実。マインドマップを作るソフトも無料であるし手書きソフトもたくさん出回っている。
それでも私はノートを推したい。ごちゃごちゃ書けるし、筆跡もその時に感情がモロに出る。図も自在、自由に書ける。そして電子データは情報が画一化されてしまうが、紙のノートに時系列に書いていくと、あとで見返すときにも流れがわかる。「検索しづらい」という話もあるが、私はノートの最初の数ページは必ず白紙のままにして、あとでインデックス(目次)書けるようにしている。日付と会議名くらい書いておけばいつの何の話かすぐに検索できる。そしてバッテリーに頼らない点。アナログの良い点は電源難民にならないところにある。それだけで余計な心配事が一つ減るのでアウトプットするのにはノートとペンが1本あれば充分というのが個人的な意見だ。

手帳とノートをわけた方が良い。

私のやり方だけなので比較がなくて申し訳ないが、手帳もアナログ。TO DO LISTは手帳の方に書いている。手帳はなるべく小さく、TO DO LISTが書き込めるレフト式がもっとも良い。やることリストは終わったら二重線を消していけば仕事が終わっていくことを確認できて精神的にも楽になる。一方でノートの場合は手帳の空きスペースでは足りない。持ち歩きを優先しているため、スペースが少なく発想が広がりにくい大きさである。予定の確認、タスクの確認は手帳に任せて、アイディアを書いたり、討議内容を書くのは大きめのページに書く方が良いと考える。

A5サイズを選ぶ理由

発想を縛らないある程度の大きさ、持ち歩くことも考える。予定やタスクは手帳任せなので書かない前提をもつ。すると私の中ではA4かA5のノートにたどりついた。B5などのB形は印刷用紙を折り曲げるときなどのサイズの問題がある。会社のプリンターがBサイズに対応した紙を容易指定ない場合、つかいづらいのでA型が良いと思う。A5はA4を二つ折りにするとちょうど入る。ジャストサイズだ。A4はたてに大きすぎるので持ち歩く際にソフトなかばんだと折れ曲がってしまうことがある。やはりA5が一番良い。

縦開きか横開きか

次に縦開きか横開きか。縦の場合だいたいがリングタイプ。裏面が無駄になってしまうか、書いたとして振り変えるときに見づらい。あえて横向きに使うという手はあると思う。横開きの場合リングタイプ以外はスペースが倍必要になる(2面になるため)。ただしあとで見返すときにぱらぱらめくって一覧性がある。
MP900399344

リングか糸綴じか

リングは前述の通り省スペースになること、立って書く時も他のページを下敷きのように使える点がメリット。デメリットはリング部分。最近でこそ細身のリングタイプが増えてきてあまり気にならないが、手に当たる感じが私は嫌いだ。特に左側に書くときに手の甲の部分に当たるし、ある程度ページ数が進んでくると、段差ができて、左ページの右側のほうに書くときにうまく手で支えられないので、支点がないまま空中で書くことになり、すごくストレスを感じる。
糸綴じタイプは書くときのスペースはとるものの、リングが手に当たるようなストレスはない。丈夫なものを選べば逆側に折ることも可能だ。私は糸綴じタイプなのでデメリットをうまく思い付けないが何かあるだろうか。
MP900399313

バインダー、リフィル形式は良いようでいまいち

学生の頃に良く使い、会社でも一時期使っていたが、しっくりこなかった。案件毎、時系列、色々試したが成功した試しがない。仕事は日々変わるし案件毎にしてしまうと時系列で全ての案件を網羅的に見ることができない。そういった整理整頓の作業はPCの出番だと思う。フォルダをたくさん作れるし、検索機能もノートよりははるかに良い。進捗表やプロジェクト管理だって、データの共有だってアナログよりもデジタルが最も得意として入る分野だと思う。
だったらノートは自分のメモなんだから分けて整理する必要はなく、字形列に書くことで良いのではないか。全ての情報は一つのノートにまとめなさいという本がかつてあったが、確かにその通りだと思う。仕事も時系列で1つのノートにまとめて、ありとあらゆるメモ派ノートに取るようにする。そこからタスク化したものは手帳のTO DO LISTに転記して、会議メモはPCの議事録のほうへまわす。
MP900398809

ポストイットはスーパーサブ

ノートが重くて持ち歩かない場合は手帳にはさんだポストイットが大活躍。ポストイットにメモしたことは、会社にもどったときにノートに貼り付ける。これでポストイットも時系列管理できるようになる。ポストイットはスーパーサブ的に色々なところに忍ばせておく。手帳にもはさみ、ノートにもはさみ、名刺入れや財布にも入れておく。いざというときにメモをしてあとでノートの好きなところに貼ろう。そうするとポストイットのスペースが一気に広がり、周りにも色々書きこむことができる。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中