万年筆を選ぶときに考えていること 【毎日ガシガシ使う場合】

IMG_5949

カクノKAKUNOの万年筆が流行って久しいですね。私も2本ほど購入し、特に気を使って使う必要もない手軽さとかわいいフォルムが気に入っています。ビジネスでは多少子供っぽい(元々そういうものですが)デザインでもあり、またプラスチック製の握りの部分が三角にカットされていて握りやすいと言う意見が多いが、中には普通の丸い軸がいいなと感じる人もいると思います。万年筆の良さに触れて少し欲が出てきたときに、数ある中でどういったものを選んでいいか悩むと思います。

私が万年筆を買うときに考えている点を簡単にご紹介させていただきます。

wpid-featuredImage.png

国産万年筆を選んでいます

根拠はありませんが個人的に、祖父から譲り受けた古いパイロットの万年筆を使い初めてから愛着が沸いている。日本語を書くことを前提にしている日本メーカーであることから「日本語の漢字、カタカナの筆記試験を必ずやっているはず」という勝手は思い込みをして選んでいる。良く欧米系の万年筆のFニブは日本のMニブくらいだという記事を拝見するが、私は特に調べたことも無いのできっとそうなのかもしれない。日本語と英語では字のコンセプトが異なるので、私は最初から日本メーカーを選ぶことにしている。舶来品でも問題なく書けるとは思うが、日々の思考ツールである万年筆に多くのお金の余裕はないし、日本メーカー品質を信頼して手軽に購入しているというのが現状だ。

IMG_5949

中級クラスを選んでいます

決して高価ではなく毎日使うための道具としての万年筆。うやうやしく大事そうに出すのはなく、あくまで道具として机の上にポンっとおいておける中級クラスの万年筆が好きである。ガシガシ書いて書いて書きまくる。私にとって万年筆はそういうもの。そうすると私の収入と万年筆に投資する額としてあまり気兼ねなく使えるのは1万円~2万円くらいのクラス。万が一壊れても買い換えられるし、ペンクリニックでも修理していただける。品質的に満足できるし、趣味的ではなくあくまで「思考と手先をシームレスにつなぐツール」と考えた場合の最適レンジと考える。

IMG_5950

ニブについて

メーカーによって異なるため一概に言えない。考えていただきたいのは紙の大きさと好きな罫線の種類という2点で決めて良いと思う。Fニブさらに細いEFニブは細かい字を書かれる方、紙のサイズが小さい手帳やメモ張を使う方。MやBニブを使う場合は比較的大きな紙を使う方。さらに言えば方眼紙が好きな方や罫線の太さと自分の字の大きさのバランスを考えて必ず試し書きをして考えた方が良いと思う。無料で交換してくれるという記事も見受けられるし、ペンクリニックでインキの出を調整してくれる事もあると思うが、基本は自分のスタイルで最初に的確なものを選ぶのが大切だと思う。

ちなみに私の場合はFとMの2本を使っている。カスタムヘリテイジ91にはMニブ、デラックス漆にはFニブ。細身の漆の方は手帳やA7のメモ張にのみ使っている。Mニブの方はA4のプロジェクトペーパーやA3用紙、大型のリーガルパッドに使っている。

紙との相性は確認が必要。

ノートや紙との相性は千差万別である。相性が良いものもあるし、相性が悪いとインキの吸収が悪か

ったり乾燥しなかったり、裏写りしてします。ノート難民という言葉があるくらいで、高級な万年筆
を買ったはいいが、今まで愛着を持っていたノートとの相性が悪いなんていうことが頻繁におこる。
何十種類というノートを買っては試す日々が続くことに喜びを感じるMニブならぬM気質の方であれば
非常に楽しい珍道中になると思う。

紙との相性はこちらの記事にも記載したので良かったらご覧下さい。ラミー サファリ、アルスタ系
を使っていたのにパイロットに変えた時のノート選びの話です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中