万年筆のインクが出すぎている気がする自問自答

MP900427940

最近インクの出すぎを感じていたのでペン先の調整で修正できるものなのか、何が問題なのか色々と考えたこと。
インクの出すぎという症状

仕事で常用しているカスタムヘリテイジ91だが、どうもインクの出すぎが気になってきました。ペン先はMニブ、14K。インクはパイロットのブルーブラックインク。私の使い方はあまり立てては書かず、筆圧もそこまで強くないと思っています。比較的書くのは早いですが、インクの吐出量が多く、書いた直後はインクが紙の上でこんもりしてしまっていて、部屋の蛍光灯の光を反射して光沢が出ている感じです。紙との相性は色々ありますが、浸透と乾燥のスピードが遅いです。試した紙はMDノート、ライフノート、ニーモシネ(mnemosyne)、ショットノート、キャンパスノート。この中では比較的乾燥が速いのはニーモシネ、キャンパスノート。次点でショットノート。ライフノートとMDノートは浸透が遅くちょっと使いづらいという印象です。

MP900427785
具体的に困ること

インクが出すぎることで具体的に困ることは、紙への浸透がわるく乾きづらい、インクが紙に浸透、乾燥する適切な量を超えて裏写りが激しくなったりしてしまうこと。すばやく速記してノートを閉じるまで乾くまでの時間、少し待たなければならないのは少々イラっとしてしまう。せっかく買った万年筆なのにどうもインクの量が出すぎるのは小さなストレスが積み重なるなと思っていました。これは調整で何とかなるものなのか、もっと細いF、EFのニブを購入すべきだったのか分からなくなってしまった。

筆圧の問題か

色々調べて見ると最も可能性として高いのはこれ。購入後1ヶ月なので故障したということも考えにくい。(不良品という確立は除いて)。そしてお店に相談にいったところ、「これくらいインクは出てて良い」とのことでした。書いているところを見せたところ、「もう少し筆圧を弱く」ということでした。それでもインクが出すぎると感じる場合は「ペン先をFに変更して下さい」ということでした。自分ではぬらぬら筆圧フリーで書いていたつもりが、もっと弱めても良いというアドバイスに、さらに書き方を色々と考えているところです。正直カリカリ割りと立てて書く場合は鉄ペンの方が適している気がします。カクノやLAMYを使った方が気兼ねなく使えると思います。

MP900426634

その後、、、

書き方をペン先をさらに寝かせて筆圧も弱めたところ、だんだんとインクのフローも適切な量が吐出されるようになってきた気がしております。もともといつインクの出すぎが気になったかと言えば、小さなメモ張などに書く時だったことを思い出した。何故それまでのFニブから今回のカスタムはMニブにしたか?それはA4,A3のプロジェクトペーパーに思いきって色々大きく書くためだった。そういった用途ではMニブこそ最適で、Fニブではカリカリしてしまい、特にガーとすばやく色々と書く上でFニブではかすれてしまったりして物足りないのだ。

今日の結論としては、手帳には細字、大きな紙に書く時は中字以上を選べば良いという、万年筆暦が長い方や私よりもっとはまっている人にとっては当たり前の意見に行き着いています。

※そして吸収・乾燥が比較的良い紙を使うということで慣れるまで折り合いをつけています。今のところパイロットのブルーブラックインクではニーモシネを優先的に使っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中